Used Tractor

新品同様の中古トラクターなら長年使用できる!

農機具売買の相場価格

古い年式でも人気の農機具

トラクター

中古の乗用車の相場は、新車をすぐに売却した場合には購入価格の7割程度ですが、そこから年数が経過するとどんどん価格が下がる傾向があります。一方、トラクターなどの中古農機具は、年式の新しいトラクターを売却した場合およそ新品の購入価格のおよそ半額程度に下がります。これはトラクターは標準仕様のまま納品されることが少なく、オーダーメイドの要素が高くなるため、たとえ新品といっても乗用車と比べると安くなってしまいます。一方、古くなっても買取不能となることは少なく、乗用車では金額がつかないほどの年式の古いものであっても買取ってもらえます。農機具は丈夫なディーゼルエンジンを使っているので、もともと耐久性が高い上に稼働する期間は1年のうちの数日しかないので、動きさえすれば古くても構わないというニーズがあるため、古いトラクターであっても買い手がつくのです。新品のトラクターの相場は馬力×10万円と言われていますが、同じ馬力の20年経過した中古トラクターでも新品の4分の1程度の価格はします。日本の農機具は信頼性が高いことから世界各国で人気になっています。50年近く使ったトラクターは国内では買い手がつくことがありませんが、メンテナンスをして輸出すれば、中古トラクターとして発展途上国を中心にまだまだ販売することができます。そのため、古かったり、アワーメーターの値が多い場合でも売却することはできますので、メーカーや型式を業者に伝えて見積もりをもらってみてください。

しっかりと機種を見極める

作業員

広い農場を持っている農家さんにとって、トラクターは必需品と言えます。しかしトラクターは特殊なものであるため、その価格は決して安いものではありません。ですので中古のものを購入する方が多いのが現状です。中古のトラクターを購入する際のポイントをいくつか紹介したいと思います。一つ目は、用途に合った馬力、大きさのものを選ぶという事です。馬力とトラクターの大きさはほぼ比例していますが、自分の農場と比べて必要以上に大きなものを購入してしまうと使いにくいばかりか、維持費が必要以上にかかる場合があります。農場の広さに対してどのような機種や馬力のものがいいのかは、カタログやインターネットで調べることができます。自分で調べるのが不安な場合は直接中古販売店に聞くほうがよいでしょう。もう一つは、メーカーにこだわりを持つという事です。場合によっては条件の合うトラクターが海外のメーカーしかない場合がありますが、なるべく国内メーカーのものを選ぶほうが良いでしょう。海外メーカーのものは修理の際に部品がないという事がよくあります。部品が取り寄せになった場合かなりの期間待たなくてはいけない場合もあります。また、国内メーカーのものを選ぶ際にも注意が必要です。メーカーによって操作方法が全く異なります。新たに購入する方は特に問題ないですが、これまでトラクターを使用もしくは所持している方は、中古のものを購入する際にも同じメーカーのものを選ぶ事を強くお勧めします。

無料見積もりをすると良い

自然

トラクターを廃車する時には役所に届け出を出す必要があります。手続きにはナンバープレートや車体番号がわかる書類、印鑑が必要です。またトラクターを処分する費用も必要となってきます。しかし中古農機具の買取業者を利用すればこういった手続きを代行してもらえるだけではなく、買取ってもらえるのでお金に換えることもできます。中古の動かなくなったトラクターでも、ほとんどの場合買取してもらうことができます。中古でも高く買取ってもらえるのは日本の農機具が海外で高い評価を得ているからです。中古農機具買取業者は買取った農機具を日本だけではなく、東南アジアやアフリカなどの発展途上国で販売しています。これらの国では構造が簡単で修理しやすい農機具が特に好まれているため、昔の農機具の需要が大変高いのです。需要があるので古いトラクターでも高く買取ってもらえます。中古農機具買取業者では無料見積もりを行っています。複数の中古農機具買取業者があるので、まずはいくつかの業者を選んで見積もりをしてみると良いでしょう。買取業者のHPにトラクターの型番などを記入するだけで、おおよその値段がわかります。その後の出張査定を行い出された金額に満足がいけば、売買契約が成立します。重くて場所を取るトラクターもすぐ引き取ってもらえるので、納屋を広く使えるようになります。また業者の中にはその場で現金買取をしてくれるところもあるので、すぐに臨時収入を得ることもできます。

農機具売買の相場価格

トラクター

トラクターなどの農機具は新しい状態で売却した場合は乗用車よりも価値が下がってしまいますが、古くなってもなかなか価値が下がらない傾向があります。日本のトラクターは信頼性が高いことで世界で人気になっていて、50年以上使った中古トラクターでも発展途上国を中心にニーズがあります。

View Detail

失敗しない選び方

作業員

中古トラクターは安く買えますが、丈夫で耐用年数が長いので長期間使うことができます。中古トラクターを選ぶ時には、必要な馬力や機能を把握しておくことが大切です。また問題なくメンテナンスが行えるメーカーのトラクターを選ぶようにしてください。

View Detail

程度でかなり値段が違う

トラクター

トラクターの新調や追加購入まで、費用をとにかく安くするなら中古の商品を購入するのが良いでしょう。中古の場合新古品から古いものまで馬力別にいろいろな車種がありますので、適したものを選んで購入してみましょう。

View Detail