Used Tractor

新品同様の中古トラクターなら長年使用できる!

選ぶ基準とは

畑の状態で選ぶ

トラクター

トラクターは大規模な農作業を行うには欠かせない車両ですが、相応の価格もするので中古を選択する人も多くいます。しかし、中古にしても新車にしてもトラクターを導入するさいには、畑の状態で選ぶことが重要です。トラクターの選び方としてはエンジンの馬力があり、馬力と畑の状態がマッチしていなければせっかくトラクターを購入しても思うように作業効率を上げることができません。田圃や田畑の場合には土質が粘土質の場合には25馬力以上は必要ですし、粘土質以外でも18馬力は必要です。さらに消毒などを行う場合には30馬力以上は必要です。馬力不足は作業効率を低下させるだけでなくトラクターへの負担も大きくなるので故障の原因にもなりますから、余裕が必要です。またトラクターの売れ筋が25馬力から35馬力のクラスですので、中古も出玉も多い傾向にあります。ただ売れ筋ですので価格も中古といえどもそれなりにします。一方で価格の安い中古トラクターは馬力が低いものになるので、価格が安いからと飛びつかずにその性能を見ることが重要です。ただ使う畑によっては、小さい馬力でも十分に対応することができます。特に小型になると馬力も小さくなるので、大規模な農地には向いていませんが、山間部など畑区画が細かく区切られているようなところでは大型のトラクターよりも小型トラクターの方が小回りが効くので効率よく作業ができるメリットがあり、それらを見極めた上で中古を選ぶ必要があります。

状態が良いものの選び方

お金

中古トラクターは、中古と言え高価な買い物なので、トラブルの発生が心配だというユーザーは少なくありません。しかしながら、トラクターは、定期的にオイル交換や点検による部品交換などのメンテナンスを行い、日常も丁寧な運転や使用後の洗浄を実施していると長持ちする機械です。一般的には、まずどれだけ使用したかというアワーメーターを確認するのですが、稼働時間数が多くても丁寧に使っていた中古トラクターは状態が良いのでお買い得です。このようなお買い得トラクターを見つけることができるのが、中古トラクターの魅力です。状態の良い中古トラクターを見つけるためには、まず、アワーメーターの他に、基本的な項目をしっかりチェックしましょう。まず、外観ですが主に足回りを見ます。汚れていないか錆びていないかしっかりチェックしましょう。各部位にしっかりとグリスがされているかも重要なチェック項目です。次にエンジンのチェックです。まず、オイル漏れが少しでもないかじっくり確認します。オイル漏れは一度始まると直すことが難しいので小さな漏れも見逃さないようにします。次に実際にエンジンをかけて、音を確認します。エンジン音に不自然なリズムが異音が無いかを慎重に聞きましょう。タイヤの摩耗も大切なチェック項目です。トラクターのタイヤの価格は高いので、なるべく状態の良いものを選びましょう。タイヤが減るとパワーダウンとなるので、あまり減りが強い場合は、購入時に新品への交換を行ったものを購入することをお勧めします。

新品の3分の1の値段

作業員

トラクターの値段は馬力によって違ってきます。一般的に新品の場合は、馬力に10万円をかけた数値が定価と言われています。しかし中古のトラクターになるとその3分の1ぐらいの値段で買うことができます。そのため中古のトラクターを購入する人がかなり増えています。トラクターというのは使用範囲がある程度限られているので、中古でも充分に通用するのです。特に中古のトラクターではどのくらい使用時間が必要かを計算してから購入します。例えば高齢者の場合はあと何年ぐらい農作業を行うかが限定されてきます。その場合は新品よりも中古のトラクターで充分なのです。反対にまだ若い働き手の場合は、この先長期間農作業を続けるわけです。その場合は耐用年数の短い中古よりも長く使える新品の方がふさわしいわけです。このように農作業をする人によってトラクターの選び方も変わってくるのです。またトラクターなど重機を販売する店舗によっても、より利益が出るのは新品よりも中古なのです。新品の場合は1台売るごとに手数料が入ってくるだけですが、中古の場合は点検整備した作業量を上乗せして売ることができるからです。また新品の場合はほとんど故障しないのでメンテナンス料が入ってきませんが、中古なら定期的に保守点検しなければならず、その費用が入ってきます。このように購入者にとっても販売者にとってもメリットが大きいのが中古トラクターの特徴です。この傾向は今後もますます続くものと考えられます。

農機具売買の相場価格

トラクター

トラクターなどの農機具は新しい状態で売却した場合は乗用車よりも価値が下がってしまいますが、古くなってもなかなか価値が下がらない傾向があります。日本のトラクターは信頼性が高いことで世界で人気になっていて、50年以上使った中古トラクターでも発展途上国を中心にニーズがあります。

View Detail

失敗しない選び方

作業員

中古トラクターは安く買えますが、丈夫で耐用年数が長いので長期間使うことができます。中古トラクターを選ぶ時には、必要な馬力や機能を把握しておくことが大切です。また問題なくメンテナンスが行えるメーカーのトラクターを選ぶようにしてください。

View Detail

程度でかなり値段が違う

トラクター

トラクターの新調や追加購入まで、費用をとにかく安くするなら中古の商品を購入するのが良いでしょう。中古の場合新古品から古いものまで馬力別にいろいろな車種がありますので、適したものを選んで購入してみましょう。

View Detail